和の文化や風習、しきたりをテーマに、日本人らしさを探求する「ふろしき団」について

furoshikirogo

ふろしき団とは・・・

2014年2月7日結成。
和の作法を極めた専門家である瀧澤先生が、日本の文化と伝統の精神を現代人に伝え、自らも学びながら継承していく活動を目指そうという目的で設立。
和の心という視点から展開する現代の経営学、IT分野や食事のマナーや暮らしのしきたり、ビジネス心理術など、その他多種多様な実用的なスキルを磨く。また和の精神を融合した学びのコラボレーションや、歴史と伝統を伝える史跡や施設を訪ねて日本人の五感を呼び覚ます活動を行います。

ふろしき団の活動やイベントに関する情報は、当ホームページやFacebookグループ「日本の伝統と文化、風習を語ろう」にて公開します。

Facebookグループ「日本の伝統と文化、風習を語ろう」

ふろしき団の活動主旨

「和文化」をテーマに「包む」という視点に重点を置き、和の心に触れ、祖国を愛し民族に誇りを持ち、自身の生を喜ぶことができる人材育成に努め、日本の普遍的価値を伝えていきます。

次世代を担う若者を、祖国の文化や歴史を語り、自身にも宿っている民族の感性を誇ることができる真の国際人に育成します。

「和」の真髄、すなわち主体性を維持しながら、他と協調できる心を育て、「和の心」を学びながら、自ら成長を促す機会を提供します。

社会においては、経済的貢献よりも啓蒙的貢献を優先し、次世代に日本の美しい文化、言葉を繋いでいきます。

お客様や関わりのある仲間皆が繁盛する「諸国客衆繁盛」と義を先に重んじ利は後から付いてくる「先義後利」を旨とします。

●なぜ「ふろしき」なのか?

風呂敷といえば、「包む」と「結ぶ」の文化です。
「包」の文字は、母体に宿った新しい命を大切に慈しむ姿をかたどったものといわれます。
「結び」の原義は、形のないものを形づくること、無から有を生み出すことを意味します。
風呂敷は「結ぶ」ことで一枚の布に機能性を促し、形づくって目的を果たします。
また、「包む」ことで中身を大切に扱い、届ける相手にも敬意を払います。
風呂敷文化は日本人の精神性にも通じているものであり、その「包む・結ぶ」の意味こそ、団が目指すビジョンと合致しました。
だから風呂敷の存在意義を引き継いで、名称を「ふろしき団」としています。

活動内容

【講座・セミナー】
「和」をテーマに、ビジネスから日々の暮らしに役立つユニークな講座(セミナー)の開催します。
内容は、マナー講座から禅タロット、フラワーアレンジメント、インテリア、読書会、ブランディング、インターネットなど異なるジャンルから「和」の精神を学びます。

【お茶会・勉強会】
毎回何かテーマを決めて、お茶をいただきながら、ゆる~く参加者同士で日々の気づきをシェアする時間です。

その他、室内だけでなく和の史跡めぐりや、職人さんの工房見学なども企画中。

maanbi

運営団員(運営・企画)

瀧澤裕子
(団長/和のマナー講師・着付講師)
和文化に関する専門家。ビジネスから日々の暮らしに使える和のマナーや、着物に関すること、日本の歳時記や暦やしきたりなどの風習等に造詣が深い。
お店や百貨店に関する辛辣な意見と、こだわりを持つ頼れる団長。
HP Facebook

押岡秀和
(副団長/プロフィールライター、WEBコンサルタント)
どんなテーマでも、変幻自在にコンテンツ化する企画力を持つ。アイデアマップ、読書法、パソコン操作、マーケティング、自分ブランディング、などのセミナー講師経験有り。
ふろしき団の販促ツール、HP運営等の制作も担当する。
少年時代より東洋的な自然への感受性が際立つ。京仏師への入門経験や、高野山を始めとする社寺のHPの企画制作の経験を持つ。
HP パワーストォリイ

中川浩二郎
(副団長/花職人・生花店オーナー)
花を通じて、幸せなライフスタイルや、心のケアを提案する花と癒しの専門家。花と人を結ぶ場を提案する愛のある舞台演出家とも言える。
24時間笑顔を絶やさず、誰からも好かれる人気者。反面、プロの花職人としての厳しい目を持つ経営者。
親子で楽しむフラワーアレンジメント、フラワーセラピー、愛と祝福の伝道師。
HP フラワーギフトの専門店 ブルーエがお届けする『いい花ギフト

平田正志(店舗デザイン会社経営者)
京都に暮らしながら、京都人の感性を活かした店舗デザインを生業とする空間の魔術師。住む人の気持ち、店員や来店客の気持ちと捉えて、誰もが和み、幸せになる空間づくりのノウハウを持つ。
京都独特の風習やしきたり、老舗が多い古都の社会構造に詳しい。
HP 株式会社らく・デザイン

森捲璃江(セラピスト)
禅タロットで人の潜在意識を導き、向かうべき方向を気づかせる癒しと気付きの専門家。母子コミュニケーションのカウンセリングで得た人間の心理と暮らしの環境や、社会環境が与える影響に多様な意見を持つ。経営者から大学生まで、顧客層の幅も広い。
HP セラピールーム ナタアシャの庭

岡本真輔(会社経営者)
日本の経済と人の動きに対する情報力と分析力で、現実的でユニークな考えを持つ。地に足の着いた考えは、団にとっても貴重な意見として運営に生かされている。多くの経済人との交流から得た知識と、客観的な視点で社会を斬る。

ふろしき団では、今後コラボセミナーの開催を企画しています。
もし一緒に講座を組んでみたいとご希望の方は、[こちら]までご連絡ください。
※内容には一定の条件があります。

※当ホームページはふろしき団より情報提供や協力をいただいている部分がありますが、あくまでも個人が制作運用しているものです。団の運営とは直接の関係はございません。

スポンサーリンク

シェアする